中山達貴

アスファルトシングルの屋根材とは?耐久性やメリットデメリットを解説

アスファルトシングルの屋根はお洒落な仕上がりで、他の屋根材にない見た目が特徴でファンが多い屋根材の1つです。 ですが、価格やメンテナンス、耐久性やデメリットが気になる方も多いでしょう。 この記事ではアスファルトシングルの屋根について特徴から価格、メリットデメリット、メンテナンス方法について解説していきます。 この記事でわかること ・アスファルトシングル屋根の特徴がわかる ・施工単価や耐久性、メンテナンス方法がわかる アスファルトシングルってどんな屋根材? 他の屋根材に比べると、あまりメジャーとは言えない屋根材です。 シェア率で言うと、全体の5%程となっています。 アスファルトが主な原材料で出来ているシート状のものです。このことからも、他の屋根材とは、分かりやすく違います。石粒が葺きかけられていることによって、手触りは、ザラザラした感触になっています。 発祥は、アメリカで、そのことからも、色合いや、格子状のデザインのものが存在するなど、洋風建築に非常にマッチするため、美観を考えて好む方がいらっしゃいます。 似たような名前で、「アスファルトルーフィング」がありますが、こちらは屋根材の下に敷く下葺き材のことで、防水シートとしての機能があります。 アスファルトシングルの耐用年数 アスファルトシングル屋根の耐用年数は20-25年です。 この間に大体10年に一度のペースで、塗装が必要になってきます。 メーカーとして、防水保証をしているところが10年、長いものだと、20年のものを付けているところがあります。 他の屋根材と一緒で、保証期間=寿命ということではないのですが、メーカーとしての自信の表れと思っておいてよいでしょう。 もちろん定期的な塗装などのメンテナンスを行う事で、寿命が延びていきます。 塗装や細かな補修をする目安 10年に一度くらいのペースで塗装が必要です。 ひび割れが起きないようにしていくことと、さらに、付着している石粒が剥がれないようにする役割があります。石粒は撫でるだけで簡単に剥がれていくくらいのものが多いです。 そして、それが年数が経てば経つほど、増していきますので、表面を保護して、剥がれを抑える機能もあります。 屋根を新調する目安 他の屋根材と違い、アスファルトシングルは、シート状のものですので、剥がれが出てきます。下の防水シートに接着剤と釘打ちで止めていきますが、経年劣化で剥がれいき、酷くなると、強い風で飛ばされていくこともあります。そうなってくると、部分的に再設置をして、補修をするか、範囲が広ければ、葺きかえか、カバー工法を検討する必要があります。 アスファルトシングルの施工費用 アスファルトシングルの施工費用は屋根材や足場代込みで考えて、120-150万円くらいが相場です。 ※平均的な一般住宅(100㎡・30坪)を想定 スレート屋根と同じくらいの価格帯です。 ガルバリウム鋼板の金属屋根の次に軽いので、カバー工法もできます。 カバー工法ですと、既存の屋根の撤去が不要なので、さらに安く施工できます。 アスファルトシングル屋根のメリット 低価格 スレート屋根とほぼ同価格です。 さらに、スレート屋根には出来なくて、アスファルトシングルには出来ることがあります。 それは、カバー工法です。 「アスファルトシングルの上にアスファルトシングル」「アスファルトシングルの上に金属屋根」がカバー工法で、出来ます。 その際は、既存の屋根材の撤去、処分費用がなくなるので、さらに安い価格で行えます。 工事が手軽 シート状のものを、接着剤で設置して、その後首で止めていく作業のため、手間が少なく早く工事を勧められます。 さらに、屋根の隅部分や軒部分は、その形状にに合わせて、加工しないと行けませんが、それもシート状のものだとハサミで手軽に切っていくことが可能です。 よって、工期も短くなります。 重量が軽い ガルバリウム鋼板の金属屋根の次に軽い屋根材です。 瓦屋根の1/4、スレート屋根の1/2の重要となっています。 軽い分耐震性を高く保つことが可能です。ここまで軽いので、カバー工法の可能な屋根材ともいえるわけです。 飛来物に強い シート上で、やわらかい素材なので、固いものが飛来物として来ても衝撃に強く、割れるとか、ひび割れを起こすということがありません。 あまりにも大きく、重量のある飛来物がぶつかってしまったなら、凹むということはあるかもしれません。 ですが、他の屋根材に比べたら穴が開くということがないので、安心です。 アスファルトシングル屋根のデメリット […]

スレート屋根とは?耐久性やメリットデメリットを解説

スレート屋根はメジャーな屋根材の1つで、人気のある屋根です。 この記事では、スレートに屋根をしたいという方や、スレートの屋根ってどんなメンテナンス方法が必要なの?と思っている方向けにスレート屋根のメリット、デメリット、メンテナンス方法をご紹介します。 しっかり特徴や正しいメンテナンス方法を知り、適切に屋根の選択や補修を行ましょう。 この記事でわかること ・スレート屋根の種類と特徴がわかる ・スレート屋根メリット、デメリットがわかる ・スレート屋根のメンテナンス方法や工事費用がわかる スレート屋根ってどんな屋根材? スレートは、粘板岩を薄い板状に加工したものです。 天然のスレート(粘板岩)と、スレートに見えるようにセメントを加工した化粧スレートがあり、日本で屋根材として使われているのは、ほぼ化粧スレートの方です。 安価な屋根材のため、近年多く使用されるようになっており、特に建売住宅で最も使用されている屋根材となっています。 また、スレートと言わずに、「コロニアル」「カラーベスト」と呼ぶことがあります。 これは日本最大手屋根メーカーのケイミュー株式会社が販売しているスレートの商品名のことです。 化粧スレートと天然スレートの違いとは   化粧スレート 天然スレート 耐久性 △   ◎ 価格 〇    × 耐震性 〇    △ 原材料 セメント    石 スレート屋根には、「天然スレート」と「化粧スレート」の2種類があります。 天然スレートは、岩石の天然素材を使用した屋根材で、一方、化粧スレートはセメントの人口的な素材を使用した屋根材です。 戸建ての一般住宅で使われているのは、圧倒的に化粧スレートと思っておいても間違いありません。 天然スレートは、やはり価格が高く、使われる建物ものとしては、東京駅などの大型の高級建築や、よほどこだわりを持ったお宅でないとありません。 表にまとめたとおり、『耐久性』においては、天然スレートは、石そのものの寿命と同じなので、数十年というレベルではありません。 割れることがあれば、メンテナンスをしなくて行けませんが、滅多にないことですので、塗装なども含めてメンテナンス不要です。 化粧スレートは、美観と防水のために定期的なメンテナンスが必要です。 『価格』は、人工的なもので、大量性が出来ることと、天然のものなので出来ない違い、さらに、岩石のため、加工も大変なことから、費用は大きく差が付きます。 続いて、『耐震性』ですが、これは「重い=耐震性が低い」ということになるので、化粧スレートよりも、天然スレートの方が、1.5~2倍は重くなるため、耐震性は化粧スレートの方が安心です。 ここから、日本の住宅屋根に多く使われている化粧スレートに関して、まとめていきます。 スレート屋根の耐用年数 定期的なメンテナンスとして、塗装をすることで、20-25年と言われております。 もちろん、スレート屋根と言っても各屋根材メーカーから出ているもので、いくつも種類があり、多少の違いがあります。以前は、塗装をしてはいけないスレート屋根もあったくらいですので、スレート屋根の中でも違いは出てきます。 塗装や細かな補修をする目安 塗装は、大体10年に一度行うことが必要と言われています。それをすることで、美観と、防水性を回復させる役割があり、劣化を遅くすることになります。 また、意外と知られていないのが、『棟板金』です。屋根の最上部に板金が抑え金具として付いており、経年劣化で、止められていクギが浮いてきて、ゆるくなり、そこから雨水が侵入されます。こちらも10年以上経ったら、専門業者に見てもらう必要があります。ただ、10年に一度の屋根塗装の時に一緒に見てもらうことが一般的です。 スレート屋根を新調する目安 […]

ガルバリウム・トタン屋根の葺き替えの費用や単価はいくら?

ガルバリウム鋼板/トタン屋根の葺き替え費用

トタン屋根やガルバリウム鋼板が劣化してきたから何かメンテナンスをしたい、でも新しく屋根材を葺き替えて新調するとしたらどれくらい費用がかかるの?と悩むかたもいらっしゃるでしょう。 金属屋根(トタン・ガルバリウム鋼板)の葺き替えの費用相場は120-180万円ほどです。

屋根カバー工法(重ね葺き)の費用やメリット・デメリットは?

屋根が雨漏りしていたり劣化していて屋根の工事をしたいけど費用が気になる・・という悩みはありませんか? 実は、屋根カバー工法を使えば全面の屋根取り換え工事より安く済むことができます。 でも屋根カバー工法ってなかなか聞きなれない言葉だし、工事のイメージも付きにくいですよね。 この記事では屋根カバー工法ってどんな工事なのという方から、工事を行うタイミングやサインについて解説していきます! ▼屋根のリフォーム全体について知りたい方はこちら >>屋根リフォームの費用・相場と工事の種類まとめ 屋根カバー工法(重ね葺き)とは? 屋根カバー工法は、現在のスレート屋根・もしくは金属屋根の上に、そのまま金属屋根を被せる工事方法です。 古くて傷んでいる屋根をはがすこと及び、それらを処分することの両方の工程と費用がかからないため、葺き替えよりも安く済ませることが可能です。 ですので近年は葺き替えではなく、カバー工法を採用するお客様と業者が多くなっています。 屋根カバー工法(重ね葺き)ができない屋根は? 瓦屋根 瓦は、波だって起伏が出来ている状態のため、その上に平らに被せることが出来ません。 金属屋根(トタン屋根) 物理的には可能ですが、滅多にカバー工法は採用されません。 理由としては、現在主流の金属屋根の素材(ガルバリウム鋼板)に比べてトタンは耐久性が低いため、すでに腐食しているケースが多いからです。 その場合、下地材の野地板まで腐食している可能性が高く、カバー工法では長期的な耐久性を担保することができないため、葺き替えが採用されます。 下地材まで腐食しているスレート屋根 本来、スレート屋根の上に金属屋根を被せるのがカバー工法です。 しかし、上記の金属屋根(トタン)と同じく、既に劣化が相当進み下地材まで影響が出てしまっている場合は、葺き替えが採用されます。 下地材まで腐食しているようなスレート屋根の場合は、屋根上に登ってみる、ふかふかとしており平の状態ではないことがあり、目安の一つとなっています。 もちろんそのような場合は、葺き替え工事が推奨されます。またその際は、野地板も交換が必要になるケースが多いです。 屋根カバー工法をするタイミングやサインとは? ひび割れが全体的に起きている 屋根の劣化が部分的ではなく、全体に広がっており、塗装をしても修繕が出来ない状態になっている。 屋根の劣化が部分的ではなく、全体に広がっており、この状態で塗装をしてもほとんど意味がありません。 さらに言うと、塗装をしたとしても、結局屋根の工事をしなければならなくなり、費用がかさんでしまいます。 築20年以上で過去に塗装を既に2度行っている 塗装は、劣化を遅くする機能があります。 既に2回以上塗装を行っている場合で長期的に考えた場合、カバー工法をお勧めします 部分的破損で雨漏りが起きている 雨漏りが起きていても、その下地材の野地板までの影響がその部分だけの場合は、葺き替えではなくて、カバー工法で十分対処が可能です。 野地板とは屋根や瓦がおかれている下地の板のことです。 屋根材→防水シート→野地板の構造で屋根は出来ています。 防水シートが傷んでしまうと野地板も腐食し、腐食度合いが高いほど工事が高額になる傾向にあります。 屋根カバー工法の工事費用の内訳は? 一般住宅においての、カバー工法の工事は、足場込みで100-140万円位が相場価格となっています。 しかし「屋根の大きさ」「屋根面の数」「屋根の形状」「新しい屋根材の種類」によって金額は当然変わってきます。 屋根の大きさや、屋根面の数で工事の大変さが変わるのは想像がつくと思いますが、実は屋根形状でも大きく変わってきます。それは、新しい金属屋根を被せる時に、今の屋根の形に合わせて板金を加工しないといけないからです。 金属は納品時に長方形ですので、片流れ屋根や切妻屋根など四角形の屋根しかない場合は比較的安価に行うことが可能です。 しかし寄棟屋根など、三角形や平行四辺形、台形などの屋根の場合は、都度屋根の形に合わせて金属を手作業で加工していく必要があります。 これが非常に大変な作業になっており、職人の数や工事日数が変わってくるため、金額が高くなる大きな要因となっています。 屋根カバー工法のメリット カバー工法のメリットは3つあります。 ・葺き替えよりも、安価でできる ・工事日数が短くできる ・断熱効果が上がる それぞれ解説していきます。 葺き替えよりも、安価でできる 現在の屋根の撤去費用と、処分費用がない分安価で済みます。 […]