葺き替え

ガルバリウム・トタン屋根の葺き替えの費用や単価はいくら?

ガルバリウム鋼板/トタン屋根の葺き替え費用

トタン屋根やガルバリウム鋼板が劣化してきたから何かメンテナンスをしたい、でも新しく屋根材を葺き替えて新調するとしたらどれくらい費用がかかるの?と悩むかたもいらっしゃるでしょう。 金属屋根(トタン・ガルバリウム鋼板)の葺き替えの費用相場は120-180万円ほどです。

瓦を葺き替えるべき症状と費用は?おススメ屋根材も解説

瓦屋根の葺き替え工事

瓦屋根の葺き替え工事って費用相場や本当にやるべきなのかわかりにくいですよね。 実は、瓦の葺き替え費用はおよそ80-250万ですがか瓦からなんの屋根材に替えるかによって費用は大きく変わってきます。 そこで今回は、瓦を葺き替えるタイミングや瓦から葺き替えた場合の屋根材別にかかる費用について解説していきます。 瓦以外の屋根の葺き替え工事についての記事はこちら >>屋根の葺き替え工事とは?費用相場から工程・メリットデメリットを解説 瓦屋根の葺き替え工事費用は? 瓦屋根の葺き替え費用は、葺き替えをする屋根材によって幅広くおよそ80万円~250万円となっています。 ※2階建て30坪のお家を想定 工事後の屋根材 工事費用 アスファルトシングル 120~250万円 ガルバリウム鋼板 80~170万円 石粒付きジンカリウム鋼板 120~180万円 ルーガ 120~230万円 ※足場・瓦処理費用を含む ※瓦の撤去費用を含む 葺き替え費用が変わる理由は、大きく三つです。 1つは、葺き替える屋根材によって材料代が大きく違うこと。 2つめは、葺き替える屋根材によって必要な手間が違うため、工事日数や職人さんの人数が大きく変わってくることによる工事代の違い。 そして最後の3つめは、現在葺かれている元の屋根材の処分費用の違いです。 また瓦屋根を葺き替えた後の屋根材に関してメジャーなものの特徴をご紹介します。 瓦屋根から葺き替える人気屋根材3選 ガルバリウム鋼板 屋根だけでなくて、外壁でも採用されることが多くなってきております。 どの屋根材でも屋根葺き替え工事において、一番採用されていますが、特に耐震性を気にして、重い瓦からガルバリウム鋼板を選ぶ方が多いです。 スレート 瓦よりは軽く、ガルバリウム鋼板よりは安くできます。ただ、その後に定期的に塗装を行わないとコケが生えてきてしまうということがあるので、メンテナンスの頻度は一番多いです。 安価であるため、ガルバリウム鋼板と同じく屋根材として多く利用されています。天然のスレート(粘板岩)と、スレートに見えるようにセメントを加工した化粧スレートがあり、日本で屋根材として使われているのは、ほぼ化粧スレートの方です。 現在の屋根材がスレートで、ガルバリウム鋼板へのカバー工法を採用するには、スレートの下にある下地材(野地板)まで腐食や劣化が進み過ぎてしまっている方が多いです。 日本瓦 外観を気にして、今の日本家屋との相性を気にされている方は、やはり新しい屋根材でも瓦を選ぶ方はまだ一定数いらっしゃいます。さらに、最近では金属でできたら軽い金属瓦も出てきております 瓦でも日本古来の粘土でできている陶器瓦ではなく、スレートと同じ材質のセメント瓦が新築時に採用されているケースがありますが、本来の日本瓦はその後の塗装も必要とせずメンテナンスフリーの屋根材です。(セメント瓦はスレート同じく定期的な塗装が必要です) 耐震性の問題から、最近は瓦自体の施行が少なくなってきております。 既存の屋根が、瓦で、日本家屋としての外観を気にされている方は、新しい屋根材も瓦を選ぶことが多いです。屋根材の中で瓦が一番重いため、瓦以外の屋根材から瓦への葺き替えは建物の耐震性の問題でできません。 瓦屋根の耐用年数と葺き替えのサイン 瓦の種類 耐用年数 粘土瓦 50年以上(半永久) セメント瓦 40年-50年 コケが生えてきた 検討度合い:低 高圧洗浄で落とせるので、これだけで葺き替え工事を行う必要はありません。ただし、そのコケが影響して、水が貯まり、一部のところから浸水して、下葺き材や下地材にまで影響してくる可能性があるので、コケ自体は取り除く必要があります。 部分的な瓦のズレ、割れ 検討度合い:低 […]